スキンケア重視でいい調子

正しいスキンケアというものがあるのかどうかは知りませんが、自分が好きで続けているスキンケアは自分なりに正しいと信じて行っていますよ。間違ったスキンケアをしていると思いながらケアしたってきれいになるとは思えません。正しいスキンケアをやっていると思いながらケアを続けているからか肌に大きな不満はありません。(^^)

まったく不満が無い状態になるのは無理です。子供だって肌に不満を持ってますよね・・・たとえばニキビができるとか日に当たりすぎてシミができたとか。子供を産んだいい年の大人なので肌にまったく不満がないなんてそんなことはありません。それでも今の年齢で良い状態を保っていると感じています。(^o^)

肌に吹き出物ができていたのは20代の頃。不摂生がいけなかったんだと思いますがメイクも濃かった・・・だから吹き出物が出たり消えたりを繰り返していたのです。吹き出物をメイクで隠すため吹き出物の治りが遅れ化膿することもあったし、化膿しなくても治りが遅くなることでニキビ跡になりました。私の場合若い頃のほうが吹き出物やニキビ跡で悩みましたよ・・・。(T_T)

顔に粉が吹いたようなひどい乾燥状態になったのも20代が多かったんです。メイクが濃いからメイク落としを強力なものにしたり洗浄力が高い洗顔石鹸を使っていたのが肌の粉拭きの原因。分かっていたけれど濃いメイクがやめられず全てが悪循環としか言いようのない状態でした。(>_<)

この悪循環を断ったのは濃いメイクに固執しなくなってから。30代に入るとおばさんメイクは余計おばさんに見えてしまうと気づき濃いメイクを卒業しました。次第に素肌に見えるようなメイクが人気になり私もベースメイクを変えていきました。これだけでも肌の負担は減ります。

そしてスキンケアですが、たいしたことをしなくても強力にメイクを落とすメイク落としを使わなくなったことで肌の状態が落ち着いたのです。洗顔石鹸も今では洗浄力よりスキンケア重視です。(^^)/

スキンケアで大切なことっていくつもあるんですが、女性は肌に何かをつけることを大切にしていますね。年齢を重ねると肌を放っておくことができないのはよく分かるんですが、肌を甘やかせることはほどほどにしないと長い人生なのでスキンケアにお金がかかりすぎます。(>_<)

女性は男性よりも長生きですね・・・。最近では女性の平均寿命は80歳を超えたようです。ここまで長く生きられるようになったのだから、人生の前半でスキンケアにお金を使いすぎるとあとが大変になります。20代で基礎化粧品を毎日使っていると30代になっても基礎化粧品を使わずにいられなくなります。30代で毎日基礎化粧品を使っていると40代になったらますます基礎化粧品がないと安心できなくなります。(^^;)

こうなってしまうとその先はもうおわかりですね・・・。50代60代と基礎化粧品がない生活は考えられなくなるのです。おまけにもっと悪いことに基礎化粧品の質を下げられなくなるんですよね・・・。年齢が上がると共に高級な基礎化粧品を使いたくなる女性は多いですよ~。あまり耳にしませんが40代になって100円ショップの基礎化粧品に変える人は相当勇気がある人だと思います。(^_^;)

私は特に最近は拭き取り化粧水に凝っていて、いいものに替えてから肌の調子がいいです。拭き取り化粧水のランキングサイトで選んでいるのですが、ホントにいい感じになってます。

しかし、何を使うか、いつ使うか、どう使うかはその人の勝手です。1万円の化粧水を使うのも100円の化粧水を使うのも完全にその人の自由なんです。傾向としては年齢が上がると共に使う基礎化粧品の質も上がるだけで何も決まっていません。それでも大半の女性は自分の年齢を考えてどういう基礎化粧品を選んだら良いか考えるでしょう・・・。

考えれば考えるほどそれなりの基礎化粧品に手が伸びます。そうなるとお財布は寂しくなってしまいますよね・・・。私はスキンケアって基礎化粧品がメインだと思っていないんです。良いものを美味しく食べて栄養を身体に蓄えることが大事だと思うし、そうやっているうちに肌はきれいになっていくんだと信じています。(^o^)