スキンケアは食べ物からで正解でしょう!

スキンケアにお金を使わない主義です。肌は身体の中で作られるので肌表面に高級なものを塗ることはしませんよ。基礎化粧品のサンプルをもらっても私はそういうものをあまり使わず手の甲などにつけてそれで終わり。顔につけるものは吟味したいほうです。(^^)

顔の肌が敏感という感じは特にありません。昔から私の肌はどこでも普通肌ですから市販のものをつけても問題ないと思っています。昔は高級基礎化粧品のサンプルをもらって顔にベタベタ塗りつけていました。きれいになりたいとかシミを消したいとかそういうことではなく、高級基礎化粧品ってどんなものだろう?どういう香りがしてどういう使い心地なんだろう?という興味半分でした。(^_^)

若いときは何もしなくても肌はピチピチピカピカ。特に基礎化粧品を使う必要性も感じていなかったのでサンプルを試す程度だったのかもしれません。こうやって昔のスキンケアを思い出していくと私は若い頃からスキンケアにお金をかけていなかったんだな~と笑ってしまいそうになります。今もスキンケアにはお金をかけないですがこれは私のひとつの習慣です。

それでもひとつだけ肌のことで気をつけています。基礎化粧品を買わない代わりに食材にお金をかけて良いものをたくさん食べる努力です。イソフラボンとかビタミンのことなど特に気にしていませんよ。私が身体の中からスキンケアを考えるとき思うのは食材のバランスです。野菜中心にならない、肉中心にならない、炭水化物中心にならないことですね。食事はバランスが取れていなければ身体の毒になることもあり身体の毒になることは肌にとっても毒です。(^^;)

ビタミンが足りない気がすればビタミン豊かなフルーツをおやつに食べ、便秘気味だと感じれば白米や玄米中心のバランスがとれた和食を食べます。時には苦いものが食べたくなったり酸っぱいものが食べたくなったりするので身体の声に耳を澄ませます。これが私のスキンケアです(^o^)